これまでの主な調査地域

Research Area

(海外)

Over seas

 

トルコ アナトリア高原

Anatolian Plateau in Turkey

1991年より継続的な調査を進めております。中近東文化センター・アナトリア考古学研究所がカマン・カレホユックで進めている遺跡発掘調査と共同で進めています。

2000年からは日本人トルコ人の学生・若手研究者をカマン・カレホユック招待して、フィールドコースを開催しています。(詳細を見る)

 

オレゴン海岸地域

Oregon Coast in USA

最初の海外調査です。オレゴンの海岸域で、古地震の履歴を、海岸に面した塩性湿原のボーリング調査より推定しました。

これを継続させて、日本の厚岸湿原で、古地震の復元と相対的海水準変動の復元を行いました。

アメリカのUSGSとの共同研究です。

 

マレーシア マタンマングローブ

Matang Mangroove in Malaysia

 マングローブで一ヶ月、生活しました。マングローブの中が意外と生活に適していること、開発に伴う改変など、知ることができました。

 

(国内)

Japan

宍道湖・中海

Lake Shinji, Lake Nakaumi

浜名湖

Lake Hamana

霞ヶ浦

Lake Kasumigaura

三方湖

Lake Mikata

北海道東部海岸湿原(厚岸、常呂ほか)

Coastal peat land in the east part of Hokkaido (Akkeshi, Tokoro)

上甑島汽水性湖沼群

Brackish lagoons at Kami-koshikijima Island